パンプローナ・アトラクション
スペインの人気研修都市
スペイン語コース&料金

パンプローナ アトラクション&ハイライト

牛追い
闘牛文化は今でも残っていますが、ここパンプローナでは、毎年行われる牛追い祭りに見られるように、特に色濃く残っています。年にたった1度の地域のお祭りですが、アーネスト・ヘミングウェイの処女作「日はまた昇る」の出版によって、世界的に有名になりました。今日、ますます人気のこのお祭りには、食べ物、飲み物、パーティーそして狭い道をダッシュで駆け下りる牛追い祭りを目当てに、世界中から大勢の人がやってきます。

ラ・ナバレリア(La Navarrería)
パンプローナの町で最も古い地区、ラ・ナバレリア(La Navarrería)は、パンプローナにかつてあったローマの町に位置します。何千もの年が流れた現在、パンプローナの町の中心地となっています。公園、かわいらしい広場、山ほどのタパスを楽しめるバル、魅力的なゴシックの大聖堂等など見所満載です。

公園
パンプローナは、ヨーロッパで最も緑多い町と言われる通り、広大な公園や庭園が町中の所々にあります。これはこの小さく快適な町での高水準の生活をさらに貢献する他の要素です。

建築
フ ランスからピレネー山脈をちょうど越えたところに位置する最高のロケーションとカミノ・デ・サンティアゴ巡礼の最初の地点であることで、新たな建築のトレ ンドはまず最初にパンプローナ到着しました。時には、他の地方にトレンドが到着した数世紀も前にパンプローナではやり遂げていたことも!中世の時代にさか のぼる古い界隈のほとんどは完璧に温存され、今日も12世紀から15世紀のままの姿を保っています。

ラ・シウダデラ(La Ciudadela)
町の大規模な星形の要塞、ラ・シウダデラは、パンプローナがフランス国境近くの主要な前哨基地だった16世 紀に建てられました。そのオリジナル軍隊機能が時代遅れと考えらるとすぐに、全ての複合施設は町に愛されるレジャー文化エリアに変えられました。要塞の壁 と建物の間には、美しい公園や展示会スペース、オープンエアーの現代彫刻、庭園、散歩やジョギングを楽しめる小道やベンチがあり、のんびりと楽しめるスペースになっています。

パンプローナで学ぶスペイン語

詳細を問い合わせて、コースに登録しよう

あらゆる年代に合った20種類のスペイン語コース、滞在、その他サービス