スペイン米
スペインの人気研修都市
スペイン語コース&料金

スペイン米

スペイン料理メニューをひと目見て、米料理が多いということに気が付つくでしょう。米はスペインの食文化を語るに絶対不可欠な要素です。また余り知られていないですが、スペインは世界第2の米産出国という事実にも納得いくことでしょう。8世紀、ムーア人は農業や音楽と共にイベリア半島へ足を踏み入れました。事実、スペイン語で米を意味するアロス(arroz)は、アラビア語のアル・アルス(al arruz)からも、ひとつの歴史を物語っています。13世紀後、スペイン米がスペイン食習慣の定番となっていることは当然のことに受け止められます。

限りなくなる米料理のレシピをひとつに取りまとめるとしたら、ドン・キホーテと同じぐらいの巨大サイズに!ここでは、中でもスペインを代表する米料理をいくつかご紹介します。

パエリア(Paella)

パエリアの種類は数え切れないほどありますが、パエリア発祥地とされるバレンシアの人に言わせると、正統派パエリアは2種類あります。まず一つ目は、バレンシア風パエリア(paella valenciana)。スペイン米を鶏、ウサギ、トマト、パプリカ、インゲン豆、オリーブオイル、サフランで調理します。アーティチョークやグリーンピースが含まれることもあります。

二つ目は、漁師風パエリア(Paella marinera)です。こちらは、ムール貝、イカ、エビ、ロブスター、ハマグリ、ニンニク、オリーブオイル、トマト、サフラン、その他貝類等、魚介類を贅沢に使ったパエリアです。ボリューム満点のパエリアは通常、2名以上でシェアして楽しむ料理です。あなたの前に置かれた一般的なパエリア鍋のサイズを一目見れば、その理由はすぐ分かります!

アロス・コン・レチェ(Arroz con leche)

スペイン米を使った美味しいデザート、アロス・コン・レチェは、スペイン・デザート定番の一品です。スペイン米に牛乳、砂糖、香りづけにレモンの皮またはシナモンを使用します。冬に温かく食べても、夏に冷たく食べても、美味なデザートはあなたの口一杯を満足にすることでしょう。