フリオ・メデム
スペインの人気研修都市
スペイン語コース&料金

フリオ・メデムの人生

1958年に生まれたフリオ・メデムは、常に父のスーパー8カメラで遊んでいました。特権教育に従い医学の道に進みましたが、途絶えることのなく彼をかきたてた映画に対する熱い情熱を決して失うことはありませんでした。1970年から1980年代、メデムはいつの日か監督する日がくることを夢見ながら長編脚本書きを始めました。

1992年、フリオ・メデムは初めての長編映画、バカス(Vacas)を発表。評論家たちはすぐ大革命としての彼の才能を鋭く見抜きました。スペイン映画界の大物であるルイス・ブニュエル(Luis Buñuel)、イバン・スルエタ(Iván Zulueta)、ビクトル・エリセ(Víctor Erice)などの後継者と言われるメデムは、私たちの期待を決して裏切りません。スティーブン・スピルバーグのように世界中で称賛されるメデムは、スペイン映画監督の中でも最も独創的で重要、そして前途有望な監督の一人として認められています。

フリオ・メデム映画の特徴

非常に個人的な視点を持つ映画で知られるフリオ・メデムの独創的な映画では、悲劇、運命、偶然、愛、競争、情熱をテーマに取り上げます。メデムが追求する複雑な心理と人間の潜在意識は、常に彼の作品の強烈な特徴として前面にあります。また、魅惑的で現実的な視点で吹き替えた、意図的に現実でもファンタジーでもない作風が、もうひとつの典型的な特徴です。彼の生まれたバスク地方の社会的そして政治的なテーマも、映画バカスやドキュメンタリー、バスク・ボール(La pelota vasca)で取り上げました。

フリオ・メデムの革命的なテクニックは、映画の基礎、強みのハイライトや、簡素、ライト、スペースそして視点の可能性を新たにしました。彼の映画の中心となるシンプルな台詞は、キャラクターや彼らの感情を驚くほど深く印象付けるという効果があります。映画界の真の革命児であり、常に限界に挑むメデム。スターウォーズ続編に使用されたハイテクカメラを使いこなすヨーロッパ初の監督です。

フリオ・メデムの映画

ゴヤ賞やカンヌ映画祭で最高の賞とを受賞した作品が含まれるフリオ・メデムの代表作を紹介すると:

  • バカス(Vacas)
  • 赤いリス(La Ardilla Roja)
  • Tierra
  • アナとオットー(Los amantes del círculo polar)
  • ルシアとSEX(Lucía y el sexo)
  • バスク・ボール(La pelota vasca).
  • La piel contra la piedra
  • Caótica Ana