サン・ホセの火祭り
スペインの人気研修都市
スペイン語コース&料金

エンフォレックスでは、常に最高の経験をエンフォレックスで学ぶ学生たちに提供することを目指しています。このような理由からエンフォレックスのバレンシア校は、ホリデーシーズンを含め年中開校しているのです。つまり、スペイン語学ぶ意欲のある方は、サン・ホセの火祭りのような見事な文化経験を損なうべきではないのです。

バレンシアのスペイン語コースを申込めば、このユニークなお祝いを探求しながらのスペイン語学習が可能となります。1年中受講いただけるスペイン語プログラムについてはこちらをご覧ください。: バレンシアで学ぶスペイン語コース

華々しい展示、パエリア・コンテスト、そびえ立つはかない張子人形を実際に目にする前に、世界的に有名なサン・ホセの火祭りについての興味深いバックグラウンドなどの情報をご紹介しましょう。

サン・ホセの火祭りの時期は?

バレンシアの最大のお祝いは、制作者が大急ぎで念入りに作った張子人形を立てる3月15日に始まり、この作り上げた芸術作品がバッと燃え上がるフィナーレを19日に迎えます。そうなんです。とどろくような歓声に迎えられて故意に燃やすのです。

サン・ホセの火祭りはどこで?

地中海に面した都市、バレンシアがユニークで華々しい展示で有名なこのお祭りの本拠地です。

サン・ホセの火祭りの伝統

名高い芸術家、画家、彫刻家らが、心を込めてデザインし作り上げた、大きいものは30メートルにも達する巨大な張子人形が、バレンシアの公共スペース、オープンスペースを独占します。有名人、政治家や前年に起こった印象的な出来事等を風刺的に描いたその巧妙な出来ばえと、色鮮やかな張子人形に、笑いが止まらないことでしょう。その年一番の張子人形と制作者に賞が与えられるものの、彼らの能力や作業の結晶は不要な灰の山ような最期を迎えます。このことを知りながら、制作者は休むことなく数ヶ月を費やし巧妙な作品を作り上げるのです。 3月19日、サン・ホセ(聖ヨセフ)の日の真夜中、町は、370もの巨大張子人形と368のより小さい張子人形が色とりどりの炎を上げて燃え、まさに町を照らし出します。

1週間も続くこの長いお祭りは、張子人形とその最終的な着火を中心に展開するとはいえ、町全体の参加にも拍車をかけています。バレンシアの女性が着用する伝統的な地元衣装、雰囲気を明るくする音楽、一流の闘牛で沸き起こる「オレ!」の歓声、空一面に打ち上がる花火、楽しい時間とパーティーが1日中道を埋め尽くします。

サン・ホセの火祭りの歴史

大まかに、異教の春分のお祭りが最も昔の起源につながるサン・ホセの火祭りにふさわしいカラフルな歴史は何世紀にも渡ります。

壮大なサン・ホセの火祭りを提供する火を使った伝統は、単なる職人と大工と共に1497年地味にスタートします。冬の数ヶ月間、彼らはオイルランプの光を点滅の仕事のために毎日数時間費やさなければなりませんでした。これらのランプを吊り下げていたのがパロットという名の木製道具。このパロットを燃やして暖かい気候とより長い日中の到来、大工職人たちの守護聖人としてあがめられているサン・ホセの行事にささげて祝いました。

すぐに、彼らはこの祝いを楽しみ、これらの木製の構造物を装飾し巧妙に創意工夫し始めるうちに、近隣のの類似した人間の顔で作るようになります。最終的には、18世紀、風刺した批判的なテーマを描いたキャラクターが登場しはじめました。今日の印象的でいつも愉快な張子人形の生き生きと描き出しされたキャラクターの中を通って、彫り込まれた手製人形の最終結果をチェックしてみては!