カルロス・サウラ
スペインの人気研修都市
スペイン語コース&料金

カルロス・サウラの人生

クラシックなスペイン映画に沿って、カルロス・サウラは1950年代以来映画を作り続けています。フランシスコ・フランコの高圧的な独裁政治のピークに誕生したサウラですが、彼の育ったクリエイティブな環境は、彼の作品に何度となく表れる芸術、音楽、一般的な芸術的表現に対する情熱を彼に組み込みました。彼は写真家としてスタートを切り、すぐ後に映画制作を始めます。彼は当初生産工学を学んでいましたが、芸術的情熱をより育てることができるジャーナリズム、写真、映画方面へとすぐに切り替えました。

スペイン内外の評論家、観客や映画ファンは、彼が手がけた作品が天才的であることを認めています。独裁体制と後に続いた民主主義の半世紀以上に、印象的な一連の作品を排出したサウラは、スペイン映画の発展を証明し、体現しています。

カルロス・サウラ映画の特徴

素晴らしい写真家として非常に長いキャリア持っていたカルロス・サウラの目は、監督としても裏切りませんでした。知的で創造的な彼の手がける全ての作品は、音楽、芸術、ダンスでさえもプロットの中へ継ぎ目無く溶け込ませてしまう芸術的表現を誇りとしています。彼がよく使用する素人の役者には大まかなガイドしかせず、ほとんどをアドリブに頼ります。彼の作り上げる奥深い映画は、映画設定からカメラアングルにまで至るまでクラシックな簡素力を支えとしています。

カルロス・サウラの手がける映画に存在する典型的なテーマの多くは、フランコの独裁政治前後のスペインの社会的問題を分析しています。民主主義回復前、政府の検閲機関はフランコが創り上げようとした社会に対するサウラの批判的な考えの表現を制限しました。このような弾圧的な政府のレーダー下で、彼はたびたび自分の考えを象徴化し、公衆へ伝える手段としました。カルロス・サウラの映画に常に存在するその他のテーマとして、その後スペイン社会を悩ませる社会的問題、ドラッグから路上生活、少年非行、盗難、暴力、社会変動、男女関係等が挙げられます。

カルロス・サウラの映画

ドキュメンタリーからドラマ、フラメンコ映画まで、カルロス・サウラの手がけた作品に欠けるものはありません。初めて手がけた映画から、彼は映画界の先駆者として際立っていたのには訳があります。彼が手がけた34作品の多くは、オスカー、カンヌ映画祭、その他国内外の映画祭で、多数の賞やノミネートを受けました。その一部をご紹介すると・・・:

  • Los golfos
  • 狩り(La caza)
  • ペパーミント・フラッペ(Peppermint Frapé)
  • カラスの飼育(Cría cuervos)
  • Ana y los lobos
  • ママは百歳(Mamá cumple 100 años)
  • カルメン(Carmen)
  • 歌姫カルメーラ(¡Ay, Carmela!)
  • Sevillanas
  • タクシー(Taxi)
  • タンゴ(Tango)
  • ゴヤ(Goya en Bordeaux)