本場スペイン料理レシピ
スペインの人気研修都市
スペイン語コース&料金

本場スペイン料理レシピ

スペインの各地方を代表する料理のレシピをいくつか集めてみました。

ガスパッチョ(Gazpacho)

アンダルシア地方

材料
完熟トマト 1キロ
ピーマン(小) 2個
ニンニク 2片
田舎風パン 100グラム
エクストラ・バージン・オリーブオイル 大匙4 杯
シェリー・ビネガー 大匙1杯

ゆで卵
パン

作り方
全ての野菜をさいころ状に切り、オイル、水、ビネガー、塩、水に浸したパンと共にミキサー/フードプロセッサーにかけます。水加減はお好みで。野菜が滑らかに混ざったら冷蔵庫へ。冷たいままお召し上がりください。
プレゼンテーション
さらにトマト、きゅうり、ピーマン、たまねぎ、パン、固ゆで卵をさいころ状に切り、全てを別々盛り付け、後に各自がお好みでガスパチョにトッピングします。オリジナル・ガスパチョをどうぞ!

タコのガリシア風(Pulpo a la gallega)

ガリシア地方

材料
ガリシア産タコ 500グラム
トーストしたパプリカ スプーン一杯
バージンオリーブオイル 2デシリットル
じゃがいも(小) 4個
ガーリック塩 2片

作り方

タコ:
大きめの鍋にお湯を沸かします。タコを入れ、タコの外側の皮がはがれないようにこまめに動かす。30分から40分ほど柔らかくなるまで火を通す。
ガーリック・ソース:
適温に温まったフライパンに砕いたニンニクとオイルを入れます。フライパンを火から下ろし、自然に徐々に冷まします。パプリカを加えた後、少量の水を加て出来上がり。
じゃがいも:
皮は剥かず良く洗ったじゃがいもを塩水が入ったポットに入れます。火が通るまで茹でます(茹ですぎに注意)。

プレゼンテーション

じゃがいもとタコの足をやや厚目に切り、交互に組み並べます。一番上はタコの足となるようにします。塩とパプリカオイルをふりかけて出来上がり。

ラ・マンチャ風野菜煮込み(Pisto manchego)

カスティージャ・ラ・マンチャ地方

材料
完熟トマト 1キロ
ピーマン 1キロ
オリーブオイル

作り方
フライパンにたっぷりとオリーブ・オイルを注ぎ、刻んだピーマンを炒めます。ピーマンが軽くきつね色になったら、塩と皮を剥き、刻んだ完熟トマトを加えます。オリーブオイルのスープが完全に無くなるまで、まめに混ぜ合わせます。

白いんげんのアストゥリアス風(Fabada Asturiana)

アストゥリアス地方

材料
しろいんげん 約453グラム(1ポンド
チョリソ 小4本もしくは大2本
パンセッタ 約110グラム(1/4ポンド)
セラーノハム 約110グラム(1/4ポンド)
モルシージャ 2本(オプショナル)
ラコン(膝の部分のハム) 約110グラム(オプショナル)
たまねぎ 1/2個(スライス状)
ニンニク 2片
パプリカ 大匙1/2杯
サフラン 少々
オイル
パセリ 1/4束

作り方
前日に白いんげんを水に浸して柔らかくしておきます。
浅目の鍋にチョリソ、パンセッタ、セラーノ・ハム、その他お好みのミート製品を入れます。水気を切った白いんげんも入れます。鍋の中身を十分に浸すように水を加え、中火で煮立たせます。沸騰したら弱火にし、1時間ほど煮込みます。常に水がインゲン豆を覆っているように注意してください。必要であれば水を途中で足します。
他のプライパンにオイルを少量注ぎ、たまねぎ、ニンニク、パプリカ、サフランに数分炒めます。出来上がったもの、塩、パセリを加え、丁寧に混ぜ合わせます。混ぜ合わせたものをさらに1時間煮込んで出来あがり!

小エビのオイル煮(Gambas al Ajillo)

カタルーニャ地方

材料
オリーブオイル 1/4カップ
バター 1/4カップ
皮剥き、背綿を取ったエビ 約680グラム( 1 ½ポンド)
ニンニク 4-6片(みじん切り)
生レモン汁 1/4カップ
パプリカ 小匙1杯
赤唐辛子フレーク 小さじ1/2
パセリ 大匙4杯(みじん切り)

ひきたて胡椒

作り方

広く浅目のソテーパンにオリーブオイルとバターを温めます。エビとニンニクを加えて2、3分ソテーします。生レモン汁、パプリカ、赤唐辛子、塩・胡椒を加えます。
出来上がったものをお皿に移してからパセリをかけ、熱々のうちに召し上がれ!

鱈のピルピル(Bacalao al pil-pil)

バスク地方

材料
塩漬け鱈横切り 4切
オリーブオイル 1/4リットル
ニンニク 6片
チリペッパー 1本
作り方
この料理は準備が大切です。前日から鱈の塩抜きをします。水を3~4回、36時間に渡って行います。うろこと骨をきれいに取り除き、水気をキッチンタオルでふき取ります。ニンニクを薄くスライスし、弱火のオリーブオイルでじっくりと火を通します。ニンニクがきつね色になり始めたら、フライパンから取り出し、外に置いておきます。同じフライパンのオイルを使って、弱火で10分ほど鱈を調理します。フライパンをもうひとつ用意し、鱈に使用している油を少し注ぎます。このオイルが温まったら、鱈の皮の部分を下にして置きます。フライパンを動かしながら、少しずつ残りのオイルを注ぎ足して行きます。鱈に完全に火が通ったら、付け合せのニンニクとチリペッパーを添えます。